VLC - 電子機器開発、製造支援の株式会社センチュリーアークス。

VLC

VLC(Visible Light Communication)とは

  • 可視光域による光通信で、レーザーなどに比べて安価、安全。
  • 可視光なために、設置が簡単。広く使われ、どこにでもある。
  • 電波と違い、秘匿性が高い(壁や物陰では通信できない)。
agag

実績と展望

  • 2015年 都内某ビルでの実証実験 1.6Kmの30Mbpsの通信に成功
  • 自社開発の通信カードで、VLC通信機器として世界で唯一の量産可能なシステムを開発
  • 2016年末 初の水中通信実験を行う。(完全バッテリー駆動、40mで100MBps以上)
  • 2017年 1.6Kmの720pの動画通信に成功
 現実的な可視光通信システムとして利用が期待される

現実的な可視光通信システムとして利用が期待される

  • 特に無線のチャネルが混雑している所(スタジアムなどの混雑時)
  • 無線の届かない中・長距離の通信(ビル間通信)
  • 電波の利用が出来ない所(トンネル工事、工場プラント)
  • ケーブルの敷設のための工事費がかかる所(遠隔集落、競技場中継)
  • 災害時などの緊急通信手段 

小型VLC 『VLC-BOX』の開発

  • 2018年 年内の製品化を目指し開発中
  • 屋内向けで壁や天井に取り付けられる
  • 100mの距離で100Mbpsの通信が可能(通信速度は、距離と環境に依存します)
  • 大きさは、幅×高さ×奥行き:160mm×110mm×205.5mm
  • 重さは約2kg、消費電力は7W

セキュリティ対策も強化

  • 医療施設や工場など電波が使えない場所にも設置できます 

  

  VLC-BOXは、2018年8月17日付『日刊工業新聞』に掲載されました。

 

〒106-0031 東京都港区西麻布3丁目13-1 TEL : 03-6804-5752 | ログイン

©株式会社センチュリーアークス ALL RIGHTS RESERVED.